So-net無料ブログ作成

東京インターナショナル・バーショー+ウイスキー・ライブ2014 [ *東京遊行]

<参加日:2014年9月20日(土)>
150426-1_mini.jpg
怒涛の繁忙期が終わり、やっと仕事が落ち着きました。
そうなると気が抜けたせいか、体調不良で会社を休む人が続出!
ありがたい事に私は体調を崩す事もなく新年度を迎えています。


←さて、いよいよ開催まで1ヶ月を切った国内バー業界最大級のイベント「東京インターナショナル・バーショー2015」

今更ですが昨年開催されたイベントのレポです。
9月20~21日の週末2日間行われていましたが、初日の20日だけお邪魔しました。

150426-2_mini.jpg
↑このイベントの目玉企画の1つであろう、ジャパニーズウイスキー5社のつくり手によるトークショーが初日のオープン直ぐに始まりました。
世界五大ウイスキーと言われているスコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ、そして日本。
そのジャパニーズウイスキーを代表する5社のつくり手5人が一堂に会する場なんて滅多に無い貴重な事ですから、とても楽しみにしていました♪
そして、MCはウイスキーマガジンUK発行元であるライリースミス氏が務めると言う豪華さ!
「匠の技 ジャパニーズ・ブレンディング」をテーマに、各社のウイスキー作りにかける情熱・冷静にマーケットと自社の強みの分析・そしてさらなる発展の為の計画や構想を語られ、近年のジャパニーズウイスキーの海外人気の理由の一端を垣間見れた濃密で想像以上に楽しい時間でした。

写真・上)左から
サントリー酒類株式会社:福與 伸二 氏
ニッカウヰスキー株式会社:佐久間 正 氏
キリンビール株式会社:田中 城太 氏
本坊酒造株式会社:久内 一 氏
株式会社ベンチャーウイスキー:肥土 伊知郎 氏。
お話は勿論興味深く、個人的には皆さんの靴がキレイでついついチラ見しておりました(^_^ゞ
写真・上)
パネラーの皆さんは自社の一押しのボトルを手に登壇されました。
左から「白州」「竹鶴17年」「富士山麓」「駒ヶ岳」「イチローズモルトD・D」
どれも飲んだことがありますが、それぞれの個性があってレベルが高いなぁと改めて感じる5本です。

150426-3_mini.jpg
↑トークショーの他にも会場内のミニステージでセミナー等が行われていました、その内の1つ「バリスタ&バーテンダー」のコラボセミナーに参加。
どちらも「嗜好品」と呼ばれるコーヒーとお酒。
まずはエスプレッソマシーンで淹れた美味しいエスプレッソを試飲、そのエスプレッソを使ってバーテンダーの方が奄美黒糖焼酎をベースにオリジナルカクテルを作ってくれました。
これがエスプレッソの風味を損なわずアルコール感を持つバランスの良くて飲みやすいカクテルに仕上がっていました。…焼酎はアルコール度数43度もあるのに飲みやすいのは危険な気もしますが(笑)
バーショーでの異業種とのコラボセミナーは初めてなので、とても面白い「化学反応」でした。次回も別業種の方とのコラボセミナーがあると良いなぁと(パティシエさんとか♪)
ちなみにセミナー講師で解説していたバリスタの方は「サロン・デュ・ショコラ札幌」で素敵なラテ・アートを作っている佐藤 亮 氏。…世間は狭い(笑)←以前のブログ

150426-4-1_mini.jpg
↑ここからは、メインの試飲・飲んだメモです☆
真っ先に向かったのは大好きなニッカブース、北海道民ですからニッカを応援しています!
イベントは朝ドラ「マッサン」が始まる前だったので、ブースも前年より気合が入っている印象。
写真・左)シングルモルト余市15年
写真・右)シングルモルト宮城峡15年
重厚でスモーキーな余市とまろやかで華やかな香りの宮城峡、対照的な2つ。どちらも飲みごたえはありますが個人的にはピートが強い余市より果実を思わせる宮城峡の方が好み。
…ヘビーピートが好きなマッサン、ごめんなさい(笑)

150426-4-2_mini.jpg
写真・左)発売前の「ザニッカ12年」新商品のブレンデッドウイスキー、ボトルのデザインが素敵!
甘い樽の香りに、軽やかな味わいで好みの味♪ 発売第一弾は即完売になった商品で、朝ドラの影響力の凄さを見せつけられたなぁと。
その影響で某Barの価格が不思議な事になっていて、知り合いのバーテンダーさんに仕組みを教えてもらい「需要と供給」をお酒で勉強出来ました☆

写真・右)竹鶴オリジナルカクテル・メニュー
時間限定で「竹鶴MUSEUM BAR」で披露された竹鶴カクテル3種がブースに居るバーテンダーさんが作ってくれました、ちょうど提供時間にブースに寄ったので作りたてのカクテル3種類全制覇!
どのカクテルも竹鶴ピュアモルトをベースのロングタイプでアルコール度数もかなり抑えてありました。

150426-4-3_mini.jpg
写真・左)イチローズモルト・チビダル
写真・右)イチローズモルト・シェリーバット
今年も大人気、ベンチャーウイスキーさんのブース。人が多くて試飲するまで大変(>_<)
品薄でなかなか購入出来ないので、ここぞとばかりに試飲ですよ!(笑) やっぱりシェリー樽は好みだわぁ~♡

150426-4-4_mini.jpg
写真・左)グレイグース・ドライ・マティーニ
写真・右)グレイグース・ル・フィズ
ここからは、ウイスキー以外のお酒へ。
大好きなウォッカのグレイグース!3種類のグレイグースカクテルが提供、その内2種類を試飲しました。
後味爽やかなフィズの方が好みでした、晴れた暖かい休日に昼間から頂けたら最高だろうな~♪

150426-4-5_mini.jpg
写真・左)サンジェルマン・エルダーフラワーリキュール
どちらも初めて飲んだのですが、美味しいー!特にエルダーフラワーのリキュールが、どストライクの好み♡
人工的な香りや甘さが無くて、これだけ我儘言っておかわりしちゃいました。ボトルのデザインも優美な女性のシルエットの様で、見た目も味も<華>のあるおすすめのリキュールです!

写真・右)グランパトロン・プラチナ(テキーラ)
テキーラ・グランパトロンは、今まで飲んだテキーラの中でも「甘い」フレーバーが印象的。このはちみつの様な香りに弱いのよ~(笑)

150426-4-6_mini.jpg
写真・左)ディタ・ライチ
ライチリキュールのディタは今回「はちみつレモン」推し。ブースもポップイエローで可愛くまとめていてターゲットは女性だなぁと、実際にブースには女性のお客さんが多くて、一押しのディタ✕はちみつレモン✕ソーダのカクテルは軽い口当たりで女性は好きな味かと。

写真・右)ベレンツェン・アップルバーボン
ドイツ産コルンベースのアップルリキュールとバーボンをブレンドしたリキュール、ストレートでの試飲も美味しかったけど紅茶に入れたら合うんじゃないかな~。

150426-4-7_mini.jpg
写真・左)シップスミス・ロンドン・ドライジン
顔見知りのバーテンダーさんがブースでお仕事をしていたので、挨拶をしにお邪魔したら勧められたもの。…私、ジンが大の苦手で(>_<)もう何年も飲んでいないので試飲するもやっぱりダメ!一舐めして友人に押し付けちゃいました(^_^ゞ

写真・右)ナルディーニ・アクアヴィテ・ビアンカ
…これを飲んだ記憶が全く無く、デジカメのデータを見て驚いたお酒(笑)、調べたらグラッパでした。……リベンジしたい。

150426-4-8_mini.jpg
写真・左)ロンサカパ23
家にもあるのに美味しいからつい毎回試飲してしまいます☆ 今回はソーダ割りの提供でした。個人的にはバニラアイスの上にかけて食べるのがおすすめ♡

写真・右)マルスウイスキー・ツインアルプス
トークショーのパネラーの1社である本坊酒造さんのブレンデッドウイスキー。豊かな香りと穏やかな余韻が続いて、クセが無く家飲み用に長く付き合えるウイスキーと言う印象で、何よりコスパが良いのが嬉しいですね。

150426-4-9_mini.jpg

←写真・左)J.P.CHENETアイスエディション・ロゼ
 写真・右)J.P.CHENETアイスエディション・白

単独ブランドとしてフランスワイン販売量が世界No.1だと言うJ.P.CHENET。映画祭にも飲まれているようで、華やかで軽く飲めるので1人で1本空けれそう(^_^ゞ デザートとの相性も良さそうです♪
150426-5_mini.jpg
↑色んな企業のブースがある中で変わり種としては、白のバーコートを着てバーテンダー体験が出来る所がありました。 私は恐ろしい程の不器用さを発動させるので遠慮し、友人のまことさんが即席バーテンダーさんに変身!
定番カクテルなら本物のバーテンダーさんがレクチャーして作れるとの事なので、私のリクエストでコスモポリタンをオーダー。
まことさんは計量器具を使い慣れているからか、シェイカーに材料を入れる所なんて堂に入って、私にカメラ目線をくれる程の余裕でカッコ良かったです♪

私のために作ってくれた(違います)コスモポリタンはこのイベントの締めの一杯となりました!
美味しく頂きましたよ~♡

150426-6_mini.jpg
↑前回までは「おつまみ」が殆ど無くて、それがちょっと不満でしたが今回からバウチャーを購入して、おつまみと引き換えるブースがあったので利用しました。
写真・左上から時計周りに)
「出汁掛け・出し巻き玉子」「和牛ローストビーフ」「すっぽん大根」「料理名失念(アサリ蒸し)」「黒毛和牛・ほほ肉の煮込み」
どの料理も手が込んでいて、お酒との相性も良くて美味しかったです!是非次回もやってほしい、需要はあると思うんだけど…。

<おまけ>
↓イベントの<華>であるキャンペーンガールの皆さんを撮ってみました。
題して「東京インターナショナル・バーショー2014コレクション」(アド街風に・笑)
150426-7_mini.jpg
今回も大手企業のブースには素敵なお姉さんが☆ 美女とお酒は似合いますね♪

許可を頂いて撮影・掲載させてもらいました、ありがとうございます!
(※もし削除依頼があればすぐに削除します)

写真・左上から下に)
・ジャックダニエルのキャンペーンガール→この中で1番、「普通」のお洋服。お似合いだけど、もう少しお酒の<ブランドカラー>を意識したデザインでも素敵なのに…。

・グレイグースのキャンペーンガール→CAをイメージしている?帽子やスカーフにグレイグースのロゴが入っているのもオシャレ♪
 
・ロンサカパのキャンペーンガール→ロングのマーメイド風ドレスにロンサカパのボトルと同じ、マヤの人が手で編んでいるマヤ王朝の王族のみが使用できた編み物「ペタテ」をベルトにしているのがポイントで目を引きます。

・ビーフィーター24のキャンペーンガール→ジャックダニエルとは対照的に1番「キャンギャル」らしい衣装!総スパンコールのミニワンピは広い会場にいても目立っていました!

・デュワーズのキャンペーンガール→スコッチ・ウイスキーのブランドをアピールするには一目で分かりやすくて、デザインをアレンジしているのも可愛い♡

今回は数えてみると23杯試飲出来ました、大満足!
…最後の方は、もう判断能力はほぼ無くて「美味しかった」の記憶のみ。も、勿体無いorz

今年は「考えながら」飲もうと思うけど、会場行くと楽しくてテンション上がっちゃって同じ事を繰り返すんだろうなぁ(^_^;)
そして、今年からイベント名が「ウイスキーライブ」→「ウイスキー エキスポ ジャパン~カクテル カーニバル~」に変わるそうで、今まで以上に<カクテル>推しな内容になるのかなぁと期待が膨らみます♪
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。